読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

will and way

ただの自分用メモを人に伝える形式で書くことでわかりやすくまとめてるはずのブログ

slackと仲良くなる

まず、公式ドキュメントよめ

get.slack.help

公式読まない人は何をやっても使いこなせないでしょう。と自分にいいきかせ読んでみたら、とても良かったので使えそうなやつをカテゴリ別にメモしていきます。

Hipchat → Slack移行なう

もともとHipchatを使っていて、先月くらいから移行中。複数のチームを共存できるのイイ。個人(家用)と会社用でつかっています。

個人のアカウントはIFTTT連携して、Google App Scriptから前日に翌日は「なんのゴミの日なのか?」をSlackに通知するために使ったり。

本格的につかうならショートカットとスニペットは覚えなくては

Hipchat使ってた時には⌘ + t⌘ + [, ⌘ + ]くらいしか使ってなかったのですが、公式に載ってるショートカットがなさすぎる。

それに対し、slackはチャンネル切り替えなどの基本動作だけで15個。スバラ!

設定

Display Options

✅ show times with 24-hour clock → 24時間表記(個人的にこっちがすきなので)

Advanced Options

✅ Whtn typing code with ```, Enter should not send the message → コードを入力しようとした時はEnterでメッセージを送らない。(対となる```で閉じたあとにEnterで送信は有効化される)
✅ List public and privte channels separately → 公開と非公開のチャンネルのリストを分ける

ショートカット

Slack keyboard shortcuts

Chromeとショートカットが同じ or 似ていて覚えやすいショートカット

コンテキストスイッチが少ないのでありがたい。

Chrome Shortcut Slack
拡大/縮小/元の縮尺 ⌘ + +
⌘ + -
⌘ + 0
拡大
縮小
元の縮尺
ブラウザフォワード/バック ⌘ + ]
⌘ + [
1つ先/前に見ていたチャンネル
カレントタブのリロード ⌘ + R カレントアカウントのリロード
N番目のタブを開く ⌘ + [1-9] N番目のチームを開く
次/前のタブを開く ⌘ + shift + ]
⌘ + shift + [
次/前のチームを開く
形式に合わせてペースト ⌘ + shift + v スニペットペースト
設定を開く ⌘ + , 設定を開く

あまり使わないショートカットがあるにせよ、これだけで覚えやすい。

⌘ + ,に限っては当然のごとく。

その他に積極的に使うショートカット

Shortcut 動作
Alt + ↑
Alt + ↓
上/下のチャンネルを開く
Shift + Alt + ↑
Shift + Alt + ↓
未読がある上/下のチャンネルを開く
Esc 開いているチャンネルを既読にする
⌘ + f 開いてるチャンネルをターゲットに検索する
⌘ + / ショートカットチートシート表示
Alt + messageをクリック そこから未読扱いにする。
後で読む的な使い方
⌘ + Shift + m 自分へのメンションのリストを開く

/コマンド

Using slash commands

コマンド 動作
/leave チャンネルから退出
/keys ショートカットチートシート表示
/who チャンネルにいる人をリスト表示
/search query 検索

searchのクエリについて

Searching in Slack

どこのだれからか
  • in:[channel|user]
  • from:[user|me]
メッセージに含む
  • has:[link|star|:絵文字:]
いつ
  • befor:
  • after:
  • on:
  • during:

時間指定に使えるのは

  • today
  • yesterday
  • week
  • month
  • year
  • YYYY-MM-DD

ここは少し、わかっていないところ。

まとめると覚えるのでよい。